爪が緑になる「グリーンネイル」とは

グリーンネイルという状態はどういう状態?

ネイルをする、付け爪を行うという事が当たり前のような時代になっています。
主婦の方はなかなかしたくても楽しめないという事がありますが、若い方は様々な方法でネイルを楽しまれています。

しかしネイルを楽しまれている方々の中で、爪の色が緑色っぽく変わってきてしまう事があり、それに悩んでいるという人も少なくありません。
なぜ爪の色が変色してしまうのか?もしも緑色になってしまう場合、グリーンネイルの可能性があります。
このグリーンネイルは、細菌感染の一種で爪の色が緑がかってくるのでよくわかります。

グリーンネイルは感染症

グリーンネイルは爪が緑色に変化します。
その原因は爪の組織に入り込んだ菌類で、元々は爪カンジダ菌に感染したものが、二次感染をお越し、緑膿菌に感染していると考えられます。
爪カンジダ症は爪の中でカンジダが異常繁殖する病気で、緑膿菌に感染する元となる事が多いのです。

緑膿菌に感染すると爪の色が緑色に変色するため、グリーンネイルと呼ばれています。
緑膿菌というのはどういう菌なのかというと、日常生活の中に存在する菌類で、常在菌と呼ばれる菌類の一種です。
普段、健康な状態であれば全く問題なく感染する事もないのですが、免疫力が低下していたり、病気の後で抵抗力がない状態になると、こうしたなんでもないはずの常在菌に感染してしまう事もあります。

爪が常に湿っている状態だったり、柔らかい状態となっていると緑膿菌などの常在菌類が侵入しやすくなるため、水仕事が多いという人にもよく見られる症状です。

また長くネイルをつけていて破損してしまった部分がはがれてしまったことで爪とネイルの間に溝ができると、水が溜まって湿った爪のままになるので、そこに菌類が繁殖しやすくなります。
ネイルを長くつけて水仕事が多いという方はこうした菌類に感染しないように、水仕事の後にはきれいに乾燥させるなど、予防を考える必要があります。

グリーンネイルの治療

グリーンネイルの治療は根本的に病気を治療しないと治癒しないので、自己判断することなく皮膚科に行って、カンジダ菌、緑膿菌に対応できる治療をしてもらいましょう。
緑色になっていると気が付いたら早めに皮膚科に行けば治療も早く進み、治りも早くなります。

また自宅ではネイルやつけ爪を行う事を止めて、水仕事をするときには手袋を利用するなどして、爪、指先が湿っている状態をなるべく少なくします。
お風呂の後や手を洗った後、水仕事をした後などは、手を丁寧にタオルで拭いて乾燥させることが必要です。
爪が湿っていない状態になれば、菌類の繁殖も少なくなっていきますし、同時に治療を進める事でグリーンネイルの解消につながるでしょう。