爪を綺麗に伸ばすには

爪をきれいに伸ばすにはどんなポイントがあるか

爪をきれいに伸ばすためには、爪を健康に保つという事が重要です。
爪の成長は爪下皮が深くかかわっていて、爪の先と指の先をつないでいるこの部分がしっかりと正常でない場合、爪の健康は維持できません。

指先の甘皮と同じようなものといわれる爪下皮は、爪と指の間に菌類などが入り込まないように保護してくれているほか、爪が指からはがれないように保護するという働きも持っています。
爪が成長すると爪下皮も一緒に成長し、その部分が皮膚と爪の間に薄くくっついています。
この部分がないと爪は、伸びにくくなりますし、指先を傷めやすくなるのです。

爪下皮をケアすることが大切

爪の表面にクリームを塗り込んだり、オイルを使ったり、爪の健康に気を使っている方も大勢います。
しかし表面上のケアになりますので、爪下皮のケアにはつながりません。
爪下皮の部分を健康的に保つために毎日ケアを行う事が理想的なのですが、爪をきれいにするポイントが爪下皮と呼ばれる薄く皮膚にくっついている部分だという事を知らない人も多いので、爪のケアがしっかりできていないことも多いのです。

爪と皮膚の間にもオイルを塗布し丁寧にマッサージするようにしたり、爪用のクリームなどもありますので、こうした商品を利用して毎日しっかりケアを行うと、爪は少しずつ健康的になっていきます。

爪に余計な負担をかけない

爪をはがしてしまったり、爪に亀裂が入って痛い思いをした人は経験があると思いますが、爪がはがれて成長していない状態では、指先に力が入りません。
何かしようと思った時に、あれ?うまくいかないと思うと、ああ、爪がないところに力が入らないんだという事に気が付きます。
でも普段は、爪があるから指先に力を入れる事が出来る、物を難なく握ったり、持ち上げたりすることができるという事が分らないのです。

爪を長く伸ばしている人もいますが、爪に負担をかけることになりますし、逆に深爪という方も、爪、指先を傷める原因となります。
爪に負担をかけないように爪はほどほどの長さに切っておくという事、また爪の間に汚れがあるなどの状態は、菌類の繁殖地となってしまうので、そうならないようにいつも清潔にしておくことも大切です。

お肌のお手入れ、手のお手入れ、ボディのお手入れと同時に、爪の状態にも気を配って、爪が乾燥していると思えば栄養クリームなどを塗り込んでしっかり保湿するなど、爪のケアも一緒に考えていくといいでしょう。
ネイルを普段からされている方はより一層、爪の健康を考えてケアを行う、爪にいい食事を行うなど、生活習慣などもしっかり見直しておくべきです。
爪が悪い状態になってからではきれいに伸ばす事等もできなくなります。
健康な状態を維持して、美しく伸ばせるようにしていきましょう。